ミノキシジルとリデンシルを比較|効果があるのはどっち?

医薬品育毛剤に配合されているミノキシジル。話題の新成分として彗星の如く表れたリデンシル。

この育毛にかなり効果が期待できそうな2成分なのですが、実際にどちらが育毛するうえではどちらの育毛成分が配合されている育毛剤を使用すべきなのか?悩んでいる人も多いと思います。

そこで、このページではミノキシジルとリデンシルでどちらの方が効果があるのかについて徹底的解説してみました。どちらの成分が配合されている育毛剤を購入しようか悩んでいる方は参考にしてみてください。

ミノキシジルとリデンシルはどっちが効果あるの?

多くの人が育毛剤に求めていることは『どれだけ薄毛を改善することが出来るか?』だと思います。先に結論から言うと、リデンシルよりもミノキシジルの方が圧倒的に育毛効果は期待できます。

これは誰がなんと言う言おうと間違いなくミノキシジルの方が効果があると断言できます。

これはミノキシジルを配合されている育毛剤は医薬品育毛剤に分類されるのに対してリデンシル成分が配合されている育毛剤は医薬部外品に分類されることからも明らかです。

リデンシルがミノキシジルの2倍の育毛効果があるかは疑問

これを聞くとリデンシルを開発したメーカーの臨床試験データではミノキシジルの2倍の育毛効果があると研究データで出ているのですがこのデータはあまり信用できません。

というのも、この臨床試験が行われたので人の頭皮ではなく培養された細胞でミノキシジルとリデンシルを比較した結果だからです。

つまり、人の頭皮で同じようにミノキシジルとリデンシルを比較臨床試験をした場合に、同じようにリデンシルがミノキシジルの2倍の育毛効果がデータとして出てくるかは微妙なところです。

リデンシルには発毛効果は認められていない!

仮にリデンシルがミノキシジルの2倍の育毛効果があったとしても、リデンシルの方が薄毛に効果があるとは言い切れません。

なぜなら、薄毛の治療には発毛効果も関係してくるからです。

ミノキシジルは国からもしっかりと発毛効果が認められている成分なのに対して、リデンシルに関しては国から発毛効果を認められていません。

薄毛を改善する上では確かに育毛効果も大切ですが、それ以上に発毛効果も大切であるということはいうまでもないと思います。

AGA診断ガイドラインにはミノキシジルが推奨されている

公益社団法人である日本皮膚科学会は男性型脱毛症(AGA)診断ガイドラインを言うものを公表しています。

この男性型脱毛症診ガイドラインというのは育毛治療を行う上でどの成分が育毛に効果があるのかということを医学的根拠に基づいて判断しているガイドラインです。

そして、そのガイドラインによると医学的根拠に基づいて育毛効果に期待できる成分というのはフィナステリドとミノキシジルの2つの成分だけと明記されています。

つまり、そこにはリデンシルは入っていない為、リデンシルの育毛効果に医学的な根拠があるとは言えません。よって、ミノキシジルとリデンシルはどちらの方が薄毛の治療に効果があるかというとミノキシジルの方が効果があるといえます。

ただし、ミノキシジルには副作用の危険性が・・・

ミノキシジルの方が間違いなく効果があるのであればすべての人がミノキシジル成分を配合している育毛剤を使用すればいいわけなのですが、すべての人にミノキシジル成分が有効というわけではありません。

なぜなら、ミノキシジルには副作用の危険性があるからです。

日本で唯一ミノキシジル成分を配合している育毛剤のリアップX5を販売している大正製薬が公表している臨床試験データによるとリアップX5を使用した人のうちの8.9%の人に何らかの副作用の症状が出ているようです。

勿論、副作用といってもその大半は頭皮にかゆみがでたりかぶれや赤みが出るなどの軽症ですが、中には循環器系や精神神経系などの重症の副作用が出たという人もいるようです。

つまり、ミノキシジルは薄毛を治療するうえでは最も効果が期待できる成分であるのですが、副作用の危険性が高いというのがデメリットとして挙げられます。

一方で、リデンシルに関しては副作用の危険性は一切なく誰でもが使用することができます。

まとめ

薄毛の治療を目的として使用するならリデンシル配合の育毛剤ではなく絶対にミノキシジル配合の育毛剤を選ぶべきです。

ただ、ミノキシジルには副作用の危険性があるので全ての人におすすめはできません。

特に以下に該当する人はミノキシジル成分が配合されている育毛剤の使用が禁止されているので、以下に該当する人はリデンシル配合の育毛剤を使用してもいいかもしれません

使用制限 医師・薬剤師に相談
  • 女性(濃度1%以下は可能)
  • 未成年者(20歳未満)
  • 壮年性脱毛症以外の脱毛症
  • アレルギーがある人
  • 低血圧・高血圧の人
  • 心臓や腎臓に障害がある人
  • 高齢者(65歳以上)

以上のようにミノキシジル成分を配合している育毛剤は医薬品育毛剤に分類されるので育毛効果は期待できるのですが使用制限や医師や薬剤師に相談してから使用する必要があります。

一方でリデンシルは医薬部部外品に分類されるので使用制限などは一切なく、誰でも使用できるというメリットがあります。

ただ、やはり医薬部外品の育毛剤よりも医薬品育毛剤の方が効果が期待できるということに変わりはありませんが・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です